育休中の兼業は? 給付金への影響懸念

2018.10.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育休中の副業・兼業は、育休の終了事由でしょうか。そうでなくても、本業のほか他社で働いたときに育児休業給付金にはどういった影響が及ぶのでしょうか。【埼玉・T子】

A

日数や時間自己申告を

 労務提供上の支障や企業秘密の漏えい、長時間労働を招くといった心配などから、兼業等を許可しない企業は少なくないようです(JILPT「多様な働き方の進展と人材マネジメントの在り方に関する調査」)。

 事業主は、無許可の他社就労は本人に問責できるとしていますが…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年10月29日第3182号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ