基本手当を計算するには 賃金日額から割り出せるか?

2013.08.15
Q

 退職予定者から、「雇用保険の基本手当はどのくらいになりますか」と尋ねられました。法文をみると、「賃金日額の50%から80%の範囲で決まる」ようですが、例えば、賃金日額6000円なら基本手当日額はいくらになるのでしょうか。【青森・U社】

A

賃金高いと給付率は縮小 上限があることにも注意

 基本手当は、失業日数に基本手当日額を乗じて計算します。基本手当日額の算定ベースになるのは賃金日額で、離職前の最後の6カ月に支払われた賃金総額を180で除して算出します(雇保法17条)。

 ただし、賃金日額には上限が定められていて、毎年8月1日に改定が実施されます。たとえば45歳以上60歳未満の賃金日額は上限1万5660円、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年8月15日第2192号
ページトップ