賃金日額に最低保障か 労働時間短い者が離職

2015.05.18
Q

 週の所定労働時間が短い者が離職したときには、賃金日額に最低保障があるのでしょうか。以前に「短時間労働被保険者」の区分が廃止されてから、何か影響はありますか。【岡山・S生】

A

週30時間未満なら適用除外

 賃金日額は原則として、被保険者期間として計算された最後の6カ月間に支払われた賃金の総額を180で除した額となります(雇保法17条1項)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年5月18日第3017号16面
ページトップ