保険料折半負担できる? 出向元・先の業務を担当

2018.07.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 このたび、出向者を受け入れることになりました。当人は引き続き出向元の業務(その一部)も担当する予定ですが、相手先会社からは、「貴社で、雇用保険に加入させてください」といわれています。当社で全額負担でなく、たとえば、出向元4割・当社6割のような形で折半できないのでしょうか。【青森・U社】

A

現行法ではいずれか選択 業務負担に応じて精算も

 出向者の賃金は、労務の提供先が出向先ですから、通常は出向先で支払います。

 しかし、出向元で支払って、出向先からは「出向料」等を受け取るというパターンもあります。そのほか、出向先と出向元の両方から賃金を受け取るというスキームも考えられます。

 しかし、雇用保険の取扱いでは、「同時に2以上の雇用関係にある労働者については、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月15日第2310号 掲載
ページトップ