守秘義務違反で解除? 派遣先の不祥事を告発

2015.04.20
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社が派遣した社員が、派遣先のことを週刊誌に情報提供するという出来事がありました。派遣先は「会社の秘密を漏えいしたので契約解除する」と抗議してきましたが、社員は「秘密ではなく派遣先での不祥事で、内部告発だ」と主張しています。どちらに該当するかまだ分かりませんが、派遣契約解除はやむを得ないのでしょうか。【京都・I社】

A

公益通報なら労働者を保護

 派遣元・先を問わず業務で知り得た秘密を他に漏らすことを禁じる守秘義務の規定(派遣法24条の4)は、派遣労働者のみならず事業主以下全ての従業者に適用されます。ただしこれには…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年4月20日第3013号16面 掲載
ページトップ