退職金の支払い方法は? 均等・均衡待遇義務化で

2019.10.13
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 長年、派遣で働いてきましたが、来年から派遣法が大きく変わると聞きます。知り合いの話では、「派遣社員にも、退職金が支払われる」ということのようです。どのような形で、支払いが義務付けられるのでしょうか。【静岡・W子】

A

制度なければ賃金上乗せ 中退共に加入する方法も

 令和2年4月から改正派遣法が施行されますが、その目玉が「同一労働同一賃金」の実現です。派遣元は、次のいずれかの方法で均等・均衡待遇を確保する義務を負います。

① 派遣先の労働者との均等・均衡による待遇改善(直接比較方式)
② 労使協定に基づく一定水準を満たす待遇決定による待遇改善(労使協定方式)

 本欄では、法律で一定の退職金相当の支払い基準を定める②労使協定方式について、ご説明します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ