「先」の雇用申込み義務は 法改正でみなし制

2016.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 派遣法が改正され、「労働契約申込みみなし制」が導入されました。派遣先は、たとえば期間制限を超えて派遣労働者を受け入れると、自動的に「労働契約を申し込んだとみなされる」ルールに変わりました。改正前は「会社が現実に申し込みをする」ことが義務付けられていましたが、そちらの仕組みはどう変わったのでしょうか。【岡山・U社】

A

自動で行ったとみなす 新規募集なら内容周知を

 改正前の派遣法では、一定期間継続して派遣されている労働者を、派遣先の直用労働者に転換する規定として、次の3種類を定めていました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月15日第2254号 掲載
ページトップ