障害年金に変更? 一時金受けた後状態悪化

2013.08.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 障害補償一時金を受けた労働者がいて、後に障害の状態が重くなったときには、一時金の額を差し引いて調整した後に、年金を支給する仕組みがあったと記憶しています。しかし、障害補償年金の改定に関する条文(労災保険法15条の2)を調べてみても、関連する文言が存在しません。法律の改正があったのでしょうか。【千葉・T社】

A

「加重」と違い規定存在せず

 障害補償年金を受ける労働者の障害の程度に変更があったとき、「新たな障害等級に応ずる障害補償年金または障害補償一時金が支給」されます(労災保険法15条の2)。しかし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月5日第2931号16面 掲載
ページトップ