派遣と出張の分かれ目は 海外赴任中に業務上災害

2017.01.04
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では海外に現地法人を立ち上げ、これまで出張として業務を行ってきた社員を赴任させ、現地業務に従事させることになりました。幸いこれまで労災事故は起こっていないのですが、今後において、「海外派遣者」と「海外出張者」を明確にしておかなければ、労災給付において混乱が生じる可能性を指摘されました。どのように対応すればよいでしょうか。【新潟・O社】

A

指揮命令関係で判断 派遣は特別加入が必要

海外派遣者に当たる場合

 海外で勤務する従業員が「海外派遣者」に当たる場合には、労災法36条に基づく特別加入の承認を得ていないと…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年1月1日第2273号 掲載
ページトップ