退職したら併給できる? 労災と厚年の障害年金

2013.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 このたび、業務上被災した64歳の嘱託従業員が、自分の意思で退職することになりました。現在給付を受けている障害補償年金と、退職後認定されれば障害厚生年金の両方を受け取ることはできるのでしょうか。【新潟・N社】

A

障害補償年金の減額あり 一時金にも調整ルール

 労災保険と社会保険

 同一の事由による障害や死亡が原因で、労災保険の保険給付と社会保険(国民年金・厚生年金)の給付が行われる場合、一定の場合を除き、労災保険給付が減額調整されます(労災保険法別表第1)。例えば、労災保険の障害補償年金と厚生年金の障害厚生年金をともに受け取れる場合、労災保険給付が減額されますが障害厚生年金は全額支給されます。

 減額に当たっては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月1日第2197号 掲載
ページトップ