学生バイトを通災認定か 授業後の移動中に被災

2015.10.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社に所属するアルバイトの大学生が、大学の授業終了後、当社へ出勤する途中で駅の階段で転倒し被災しました。通勤災害として認定されるでしょうか。労災認定の可能性について教えてください。【京都・T社】

A

原則は住居と職場間の移動 合理的な経路に復帰なら

 労災保険において、通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害または死亡をいいます。この場合の通勤とは、「就業に関し」、次に掲げる移動と定義されています(労災保険法7条)。

 (1)住居と就業の場所との間の往復
 (2)就業の場所から他の就業の場所への移動
 (3)住居と就業の場所との間の往復に先行し、または後続する住居間の移動

 以上の定義をもとに、労災保険法における通勤の要件をまとめると以下の4点がポイントになります(平18・3・31基発0331042号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年10月15日第2244号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ