二次健診の要件知りたい 定期健診で有所見者発覚

2018.05.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労災保険給付において健康診断有所見者を対象とする「二次健康診断等給付」というものがあると聞きました。当社においても、定期健康診断での有所見者が存在しますので、給付を受ける要件等について教えてください。【長野・I社】

A

血圧や肥満度に異常なら 労働者から請求が条件

 二次健康診断等給付は、過労死等予防のために労災保険から受けられる給付で、安衛法66条に基づいて行われる定期健康診断等のうち直近のもの(一次健康診断)において、脳・心臓疾患の発症にかかわる一定の検査項目について、その全項目に異常所見が認められた場合に、当該労働者の請求に基づき支給されます(労災法26条)。

1 給付要件(平13・3・30基発233号)

 ① 対象となる所見項目(下記ア~エ)すべてに異常所見があると認められること…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月1日第2307号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ