正社員と給付内容同じ? パートが通勤途上にケガ

2015.01.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 週3日勤務を労働条件としている従業員が通勤時にケガをしました。休業がしばらく続くようで労災保険給付の適用は問題ないと思いますが、正社員のケースと何か違いは生じるのでしょうか。【神奈川・N社】

A

給付基礎日額の8割支給 公休日も補償される

 労災保険は労基法上の労働者を対象としているため、パート、アルバイト、その他就業形態にかかわらず、事業主との雇用関係があり労働の対価を得ていれば、業務上または通勤により負傷した場合、一般の労働者と同様に労災保険給付を受けることができます。

公休含めすべての日について支給

 パートであっても保険給付の内容は正規雇用者と同様の取扱いになります。休業補償給付は、実労働日数が週3日であっても、待期期間の3日間を経過後、休業4日目以降の休業期間中、公休を含めすべての日について支給されます。待期の3日間は、有給、無給にかかわらず完成します。

休業補償の計算方法

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月1日第2225号 掲載
ページトップ