海外留学に特別加入か 会社は休職発令する 「派遣」と異なるはず

2017.10.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、海外派遣が生じた際、対象者を労災保険に特別加入させる手続きを採っています。このたび、本人の強い希望により、休職発令を受けたうえで、海外の大学に留学する従業員がいます。身分的には休職者なので、特別加入させる必要はないと考えますが、いかがでしょうか。【東京・I社】

A

業務従事せず対象外

 会社が従業員を海外に「派遣」する場合、労災保険の保護を受けるために特別加入の手続きを採ります。

 しかし、国外に出るすべての従業員が対象になるとは限りません。2とおりのパターンについて、考えてみましょう。

 第1に、特別加入が必要なのは、「海外の派遣先の事業に従事し、その派遣先の事業との間に現実の労働関係をもつ」場合です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月23日第3133号16面 掲載
ページトップ