人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。電子版にログインのうえご相談フォームからご利用ください。

NEW2019.01.18

年休の賃金再計算か 締切日またぎ連日取得 「直近3カ月」どう考える

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 休憩・休日関係
Q

 当社では、歩合給が適用される従業員に対し、年休の賃金を「平均賃金」で支払っています。このたび、病気で長期入院が予定される従業員が、年休をまとめて消化します。取得期間の途中で賃金締切日をまたぐ形となるので、疑問が生じました。賃金締切日(毎月20日)の翌日以降については、改めて「直近の3カ月」を基準として、平均賃金を算定し直すのでしょうか。【京都・M社】

A

平均賃金は初日で固定

 ご質問内容を、条文と照らし合わせて整理します。年休取得時の賃金は、①平均賃金、②通常の労働時間の賃金、③健保の標準報酬月額の30分の1(労使協定が必要)のいずれかを、使用者があらかじめ選択します(労基法39条7項)。

 賃金体系に出来高給・歩合給等を含む場合、②「通常の労働時間の賃金」は、「月等の期間によって定められた賃金」と「出来高払制その他の賃金」をそれぞれベースとして…

回答の続きはこちら
NEW2019.01.17

不法就労の外国人と労働災害

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 外国人労働者の受入れが今後拡大するとのことです。ことばがうまく通じないと、例えば労働災害の発生が懸念されます。ところで、不法滞在などの場合には労災保険給付の扱いに影響を及ぼすのでしょうか。

A

 通達(昭和63・1・26基発50号)では、労働関係法令は、「日本国内における労働であれば、日本人であると否とを問わず、また、不法就労であると否とを問わず適用されるもの」としています。

回答の続きはこちら
NEW2019.01.16

脚立の使用禁じる理由は 内装工事で元請から要請

ジャンル:
  • 安全管理
Q

 内装工事の当社に対して、新規取引の元請会社から、脚立の使用禁止要請がありました。今までいわれたことがなく、脚立は常時使用してきたので少々困っています。軽量でコンパクトな脚立は便利なのですが、なぜ禁止されるのでしょうか。【栃木・F社】

A

重篤な事故発生のおそれ 可搬式作業台等へ変更を

 脚立の使用を禁止するのは、脚立に起因し発生した労働災害が頻発しており、しかも約7割が骨折等により長期の休業災害となっているからです。事故を問題視した厚生労働省は、「三脚脚立に係る安全対策のお願いについて(要請)」(平29・3・23基安安発0323第1号)等の通達を出しています。昔からの有名な造語に、…

回答の続きはこちら
NEW2019.01.15

事業赤字だと請求ムリ? 「休業損害」や「逸失利益」

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 60歳の個人事業主です。先日、車を運転中に赤信号で止まっていたとき、後ろからトラックにぶつけられて頚椎を痛め、治療から半年後に後遺障害等級14級の認定を受けました。相手方の任意保険会社に損害賠償請求をしたら、事故前年度の私の確定申告所得が赤字であることから、休業損害と後遺障害に基づく逸失利益の損害は生じないとして賠償金の支払いを拒否されました。これらの請求は本当にできないのでしょうか。【千葉・B生】

A

いずれも可能な場合あり 休業中の固定費等を計上

 休業損害とは、ケガやその治療のために休業し、または十分に稼働することができなかったことから現実に生じた収入の喪失をいいます。事業者における休業損害の算定方法については、①前年と事故発生年とを比較し減収額を直接把握する方法、または…

回答の続きはこちら
NEW2019.01.15

基準額はどう算定? 派遣労働者の同一賃金

ジャンル:
  • 労働者派遣法
Q

 「同一労働同一賃金」の実現に向けて法律が改正されますが、派遣労働者について労使協定を結ぶ場合は、直接雇用のパートや契約社員よりも制度設計が複雑だと聞きました。「一般の労働者」と比較して妥当な賃金額を算定するのに複数の要素を加味しているとのことですが、どのような数値に基づいて算出するのでしょうか。【埼玉・R社】

A

ハローワークのデータ加味

 「同一労働同一賃金」は、派遣労働者についても法改正が予定されています(改正後派遣法30条の4ほか)。直接雇用なら同じ使用者に雇用された同種の業務に従事する一般の労働者(フルタイム勤務の正社員等)と比較しますが、派遣労働者は直接雇用の労働者と異なり、雇用されている派遣元ではなく労務を提供する派遣先の正社員等と比較します。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ