追加の請求避けられるか 物損事故早く収拾したい

2019.01.31
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 物損事故を起こしました。任意保険に入っておらず、示談により修理費用を支払うことになりました。10万円を請求されたのでこの金額は支払いますが、今後これ以外に支払いは発生しないという確約を取り付けるにはどうしたらよいでしょうか。【愛知・T生】

A

「念のため」示談書を作成 争わない意思表示でも可

 交通事故を起こした加害者は、被害者側が最初に請求してきた損害賠償の全額を支払うことで、事故の問題を終わりにしたいと普通は考えるでしょう。ただ、「後から追加の支払いを請求されるのでは」という心配が生じることもあるかと思われます。軽い物損事故なら支払いの追加を求めてくることは少ないかもしれませんが、可能性はゼロではありません。心配ならば用心のために示談書を作成しておいたほうがいいでしょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ