パトカーと衝突の責任は 交差点「青信号」だった

2017.05.20
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 交差点で青信号に従い自動車を直進させたところ、同交差点を赤信号で進入してきたパトカーと衝突しました。緊急自動車との事故では、いかなる場合でもこちらにすべて過失があることになるのでしょうか。【埼玉・N社】

A

緊急自動車も注意義務 一定の過失認めた例も

 緊急自動車とは、道路交通法(以下、法)39条1項に規定される自動車で、パトカーや消防車が挙げられます。パトカーや消防車であればいかなる場合でも緊急自動車に該当するというわけではなく、緊急用務のためにサイレンを鳴らし、赤色の警光灯をつけて、かつ運転中であることが要件となります(法施行令13条、14条)。

 緊急自動車以外の車両(以下、一般車)は、交差点やその付近において緊急自動車が接近したときは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年5月15日第2282号 掲載
ページトップ