バイクの方が大ケガに? 飲酒して自転車運転も軽傷

2020.01.13
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私は自転車、相手はバイクで走行中、衝突しました。私の信号無視と飲酒運転で事故が起こったのですが、事故後のことは頭を打ったためかはっきりした記憶はありません。相手の話では、私は「警察を呼ばないで示談で済ませてほしい」といったそうです。私のケガは軽かったのですが、相手は左足の骨折で入院し、後日、病院に見舞いに行ったところ、治療費と慰謝料を要求されました。払わなければなりませんか。【愛知・S生】

A

過失割合に基づき賠償 状況不利で誠実対応を

 相談者も軽いケガをしていますが、「自分は自転車で相手はオートバイなのに、その治療費を支払わなければならないのか」という不満を持っています。しかし、相手が自転車より「交通強者」のバイクであっても、交通事故でケガを負わせた場合は治療費や慰謝料などの損害賠償を支払わなければなりません。

 それには当然、事故の過失割合が問題になってきます。相談者は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年1月15日第2346号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ