PTSDも追加で認定? 事故の相手方死亡が一因

2017.08.29
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 2年前に交通事故に遭い足首などを負傷しました。後遺症が残り後遺障害等級14級が認定されましたが、それ以上にひどいのがPTSD(心的外傷後ストレス障害)です。加害者のほうが事故時の打ちどころが悪く、後に死亡したことも原因ではと主治医にいわれました。現在も治療中ですが、相当の後遺障害が残りそうとのことです。その場合、PTSDで高い等級が認められることはあるのでしょうか。【長野・C社】

A

精神障害の認定困難 14級は「併合」対象外

 相談者の車に追突した自動車の相手のほうが死亡してしまうという事態になって、自分に非はなくても、加害者が死亡したことは相当のショックとなり、PTSDの原因になっていると考えられます。

 相談者の足首等のケガは症状固定となり後遺障害等級14級が認定されましたが、PTSDの後遺障害認定、あるいは足首とPTSDを合わせるともっと高い等級が認められることがあり得るのか、という相談です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月1日第2289号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ