監督官庁への事故対応は 業務でトラック運転中

2016.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が大型トラックを運転中に交通事故を起こし、相手側の乗用車の運転者と同乗者に1カ月以上入院を要する重傷を負わせました。会社としては従業員が勤務中に起こした事故ですので誠実に対応していきますが、それ以外に監督官庁に対して行わなければならないことはあるでしょうか。【岡山・T生】

A

運輸局に報告書提出義務 重大事故は24時間以内に

 交通事故を起こしたときに加害者が行わなければならないことは次の4点です。①停車して被害状況を確認すること、②負傷者を救護すること、③危険防止の措置をとること、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年7月15日第2262号 掲載
ページトップ