公道事故で賠償求めたい 町に管理責任問えるか

2013.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、町道を原付で走行中、突然原付が道路の穴に落ちて前方に投げ出され、首や背中を強打する大ケガをしました。私が落ちた穴は、配水管が壊れたことによって水が噴出したため、道路自体が陥没してできたことが分かりました。道路の管理者である町に対して損害賠償請求をしたいのですが、それは可能でしょうか。【和歌山・A社】

A

予見可能性の有無が重要 安全性欠く状況か判断

 本件は、道路の安全性を問うもので、道路の管理者である町を相手に国家賠償請求訴訟を提起することになります。

 道路としての通常有すべき安全性を欠いていたことを理由として、国家賠償法2条1項に基づく訴訟提起となります。道路管理の責任追及は相手が市町村であっても国家賠償法を使います。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月15日第2194号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ