降車時負傷に保険適用か 高齢者が送迎の際転倒

2016.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現在83歳で老人デイサービスを利用しており、デイサービスセンターの車で送迎をしてもらっています。先日自宅まで送ってもらった際、車が止まりドアを開けて降車したときに、車道と歩道を区切る縁石に足をひっかけて転んでしまいました。すぐに送迎担当者の方が救急車を呼んでくれましたが、大腿骨を骨折し、1カ月入院した後に1年以上通院したものの、後遺症が残っている状態です。センターが入っている自動車保険に「搭乗者傷害特約」があるということなので、これを利用して後遺傷害保険金の支払いを求めたいのですが、可能でしょうか。【千葉・N男】

A

「傷害特約」で補償も 運行に起因するか判断

 本件の搭乗者傷害特約のように自動車保険に付随する人身傷害特約には、通常、車両の「運行」に起因する事故である場合に適用される旨が規定されています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月1日第2269号 掲載
ページトップ