相手の治療費負担する? 自転車同士が衝突事故

2014.01.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自転車で通勤中に自転車と衝突し、両方とも転倒しました。相手は子供を乗せた主婦で2人とも出血のケガはなく、私は自転車が少し壊れた程度でした。謝って立ち去ろうとしたところトラブルとなり、警察と救急車を呼んで相手は病院に行き、その後、治療費等5万円を要求してきました。私はこの要求を受け入れざるを得ないのでしょうか。【神奈川・I生】

A

自賠責を参考に経費算出 話し合いでの解決が基本

 自動車がかかわる交通事故は自賠責保険があり、またほとんどの車は自動車保険に入っているので、損害賠償を支払う加害者側は損害保険会社が対応し、金銭による解決が行いやすくなっています。一方、自転車同士の事故の場合、事故を起こした者同士による解決がほとんどで、お互いに納得すればどのような内容・形の解決でもよく、この事故の場合、相談者が相手の求める5万円を支払えば示談となります。

 しかし、相談者側にも損害が生じており、また相手側にも過失はあるのに一方的に損害賠償を求められるのは納得ができない、ということもあります。こうした場合の解決への流れは、一般的には次のようになっています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月1日第2201号 掲載
ページトップ