過失割合覆すこと可能? 保険会社が一方的に決定

2015.03.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 バイクで走行中、左側に停まっていた車の右横を通過しようとしたところ、車が急にウインカーも出さずに右に出てきて接触しました。私は右肩と右足を負傷して1週間入院し、現在もリハビリに通っています。事故の過失割合は相手側の保険会社がリサーチ会社を雇って、私が8割、相手側が2割とされ、抗議しても受け付けてもらえずしぶしぶその過失割合を認めてしまいました。また、相手は「警察に実況見分されたため迷惑を被った。迷惑料として5万円を支払え」と請求しているのですが、今後どうしたらいいでしょうか。【和歌山・I生】

A

認定基準から反論の余地 後遺障害あることも主張

 相手側は事故の態様について相談者の言い分とは違っていることを主張しているとのことですが、相談者の過失割合が8割だとすると自賠責保険の傷害事故の保険金額の2割が減額されますし、もし後遺障害が残って等級が認められた場合はその等級の保険金額の3割が減額となります。また自賠責保険でなく任意保険による対応では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月1日第2229号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ