賠償請求の留意点教えて 後遺症で将来介護必要

2017.12.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 交通事故に遭い、重度の後遺障害が残り、常時介護が必要な状況です。医師からは、介護が必要な容態であるが、余命や介護環境等の将来の状況を的確に予測することは困難といわれています。加害者に対し、将来の介護費の賠償を請求したいと考えていますが、裁判で請求するにあたり留意する点があれば、教えてください。【愛知・N生】

A

一時金と定期金に大別 資力考慮して裁判所判断

 将来の継続的な介護費用の賠償の在り方は、従来から交通事故訴訟等で争われてきた問題ですが、「一時金賠償方式」と「定期金賠償方式」に大別されます。

 一回の支払いで賠償する「一時金賠償方式」に対し、例えば1年に1回のように定期的に連続して賠償金を支払う方法を「定期金賠償方式」といいます。

 将来の介護費用は、いつまで介護を必要とするか、回復の可能性が低い場合は平均余命を考慮して、その期間を前提に賠償金額を定めるのが一般的です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月1日第2297号 掲載
ページトップ