被害者請求ができない? 自賠責の時効2年が経過

2016.10.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 交通事故の被害者です。加害者・損害保険会社側との間で解決が長引き、経済的に困ってきたので、認定された後遺障害等級9級の自賠責保険金額(616万円)を被害者請求でもらうためにその手続きを行ったところ、自賠責の保険会社から手続きを拒否されました。「時効になっている」のがその理由ですが、どうにもならないのでしょうか。【広島・S生】

A

交渉あれば時効は中断 接触ないとそのまま進行

 時効とは「法律で、一定の事実状態が一定期間継続した場合に、真実の権利関係に合致するかどうかを問わずに、その事実状態を尊重して権利の取得・喪失という法律効果を認める制度」のことです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年10月15日第2268号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ