「早期退職」は会社都合? 所属部署縮小で打診あり

2019.01.30 【雇用保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 会社の業務再編で、私の所属部門は漸次、縮小される予定です。人事部の方から、「他の部署に異動するか。それとも、早期退職優遇制度を利用して退職するか」と今後の意向を打診されました。早期退職を選択した場合、会社都合の退職になるのでしょうか。【秋田・N生】

A

退職勧奨の有無等で判断 常設制度利用は自己都合

 「会社都合の退職だと、雇用保険の給付日数が延びる」といわれます。

 雇用保険の用語を使うと、「特定受給資格者または特定理由離職者(本人の意思に反して雇止めになった場合に限ります)に該当すれば、一般の離職者とは異なる所定給付日数表(日数面で優遇あり)が適用される」という表現になります。

 早期退職優遇制度に応募した場合、3パターンの処理が考えられます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ