DC年金は60歳から? 特別支給のない年代

2019.01.22
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 昭和43年の遅生まれなので、自分の年金の支給は65歳からと教えてもらいました。ただ勤め先の企業年金がDC(確定拠出年金)を導入しており、定年後はこちらからの支給もあるとのことで、60歳から支給されると聞きました。厚生年金はこのところ支給の始まる年齢が引き上げられていますが、DCではそういう措置は採られていないのでしょうか。【東京・S子】

A

加入期間10年あれば可能に

 65歳到達前に特別に支給される老齢厚生年金(厚年法附則8条)は段階的に支給開始年齢の引上げが進み、男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた者については支給がなくなります(同附則8条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月21日第3193号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ