海外の制度に加入? 社会保障協定締結した国

2016.06.06
Q

 総合商社で、海外拠点に社員を駐在させています。異動に伴うコスト面も考慮し、近年赴任期間が以前より長くなりつつあるのですが、社会保障協定を締結している国に社員を駐在させる場合、どれくらいの期間になると赴任先の国の年金制度に加入する必要が出てくるのでしょうか。また、赴任先によって違いがあるでしょうか。【東京・E社】

A

派遣期間5年超えたら適用

 日本国内で就労する人が海外派遣される際に、両方の国の社会保険制度に二重に加入する不合理を解消するため、海外派遣中は海外の制度にのみ加入し、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年6月6日第3067号16面
ページトップ