事業赤字だと請求ムリ? 「休業損害」や「逸失利益」

2019.01.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 60歳の個人事業主です。先日、車を運転中に赤信号で止まっていたとき、後ろからトラックにぶつけられて頚椎を痛め、治療から半年後に後遺障害等級14級の認定を受けました。相手方の任意保険会社に損害賠償請求をしたら、事故前年度の私の確定申告所得が赤字であることから、休業損害と後遺障害に基づく逸失利益の損害は生じないとして賠償金の支払いを拒否されました。これらの請求は本当にできないのでしょうか。【千葉・B生】

A

いずれも可能な場合あり 休業中の固定費等を計上

 休業損害とは、ケガやその治療のために休業し、または十分に稼働することができなかったことから現実に生じた収入の喪失をいいます。事業者における休業損害の算定方法については、①前年と事故発生年とを比較し減収額を直接把握する方法、または…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ