副業兼業拒否できない!?

2020.12.03 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 正社員が副業したいとの申し出があった場合の対応について教えてください。会社としては、本業への支障や労働時間上の健康問題などにより、認めない方向で考えています。従業員からの申し出があっても認めなくていいでしょうか。

A

 ガイドライン(令2・9・1基発0901第4号別添)において「裁判例を踏まえれば、原則、副業・兼業を認める方向とすることが適当である」とあり、厚生労働省のモデル就業規則でも、文言として届出とはあります。しかし、実際は、本業への支障などから許可制にしているところが少なくないでしょう。許可条件として、本業を踏まえた上限時間の設定、業務内容の限定など必要な条件を定めるということは考えられますし、その他、実際の就労状況に関して定期的な報告を求めるなど誓約書を交わして各種注意事項を規定するということもありそうです。

関連キーワード:
ショート実務相談Q&A 掲載

あわせて読みたい

ページトップ