育休対象の子のみ拡大? 所定外労働制限を希望 看護休暇申出どう扱う

2016.10.10
Q

 育児休業の対象となる子どもの定義が改正され、養子縁組の手続き中の子ども等にも範囲が広がったと聞きます。従業員が育児休業でなく、所定外労働の制限を希望する場合、どうなるのでしょうか。子どもの病気等を理由として、看護休暇・介護休暇の申出があったら、拒むことができないのでしょうか。【埼玉・K社】

A

「介護」は範囲変わらず

 平成29年1月1日施行の改正育介法により、「子」の範囲が広がります。通達(平28・8・2雇児発0802第3号)では次のように整理しています。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年10月10日第3083号16面
ページトップ