深夜業少ないが免除? 2暦日勤務は何日換算

2015.02.23
Q

 育休から復帰後の深夜業について、月1、2回程度であれば免除しなくても差し支えないでしょうか。また、免除の要件をみるときに2暦日にわたる勤務は、何日間とカウントするのでしょうか。【長崎・C社】

A

同居する家族の勤務状況で

 深夜業(午後10時から午前5時)の免除は、育休の取得有無や性別にかかわらず請求が条件となっています。ただし、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する者が、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年2月23日第3006号16面
ページトップ