「過失半々」で示談に? 相手方ケガなく物損処理

2016.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自動車を運転中、相手の車と衝突し受傷しました。2週間入院し以後通院していますが、相手にはケガはなく病院に行っていません。ただ、両方の車とも損害がありその修理は終わっています。そんな折、相手の保険会社の物損担当者が「過失割合は5対5で示談をしたい」と言ってきました。私の体調はまだ良くないのですが、どう対処したらいいでしょうか。【愛知・M生】

A

後遺障害の慰謝料に影響 被害者立場で調査検討を

 損害保険会社では物損の担当者と人身損害の担当者は別々であることが一般です。物損の場合は全損(全部損害)にしろ、分損(部分損害)にしろ、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月15日第2266号 掲載
ページトップ