後続車の運転に過失は? ETCレーンで追突事故

2016.04.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高速道路料金所のETC レーンを通過しようとした先行車が、ETCゲート付近で急停車したため、後方を走行していた私は、先行車に自車を追突させる事故を起こしてしまいました。先行車の運転者は、ETCカードの入れ忘れにより、ETC開閉棒が開かなかったので急停車したと話しています。民事裁判で、追突した私に過失は認められるのでしょうか。【東京・N生】

A

原則全面的に認められる 過失相殺される余地あり

 ETCシステム利用規程(以下「規程」といいます)では、ETCシステム利用者の順守事項の骨子を、以下のとおり定めています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年4月1日第2255号 掲載
ページトップ