示談後に後遺症出たら? 損害賠償を放棄する文言

2017.09.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 交差点で信号待ちをしている際に、自動車に追突され、ケガを負いました。その後ケガも治り、加害者と示談をしましたが、数カ月前から、事故の後遺症と思われる症状が出てきました。示談書では、示談金以外の請求は放棄する旨が記載されており、また、事故から3年を経過しています。もう今となっては後遺症についての請求はできないのでしょうか。【和歌山・S生】

A

発症時期と因果関係みて 「予想外」として請求も

 過去の交通事故が原因で「予想外」の後遺症が出た場合は、示談後でも請求が可能です。また、消滅時効期間は、後遺症の発現を知ってから3年です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月15日第2290号 掲載
ページトップ