台風と休業手当

2016.09.08
Q

 台風の影響が心配され、休業することにしました。休業手当の支払いについて、天災によるものは「事業主の責」による休業といえるのでしょうか。

A

 労基法26条では、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合には、使用者は、休業期間中の休業手当(平均賃金の100分の60以上)を支払わなければならないとしています。ただし、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ページトップ