継続雇用の最低年齢

2016.03.31
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 平成28年度から、継続雇用の最低年齢が62歳に引き上がったということですが、4月以降に、60歳定年を迎える人が対象になるのでしょうか。

A

 厚年法附則8条の2第1項では、昭和28年4月2日から昭和30年4月1日までの間に生まれた者について、61歳としています。年齢計算に関する法律により、誕生日の前日に年齢が1歳増えます。したがって、平成25年4月1日から平成27年3月31日までに60歳に達する男性は、61歳に達したら報酬比例部分の年金が出ました。

 平成27年4月1日以降、60歳に達する人の同年金の支給開始は、62歳からとなります。この人達は、平成28年4月1日以降、61歳に達しますが、年金が支給される62歳まで、希望者全員を継続雇用する必要があります。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ