退職証明書の作成義務期間

2016.03.17
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職証明書は、退職後2年間は作成する義務があるといいます。条文をみても2年に関してはとくに触れていないようですが、どのように考えればいいのでしょうか。

A

 時効に関しては労基法115条に規定されています。「この法律による…その他の請求権は、2年間」とあります。ここに退職時の証明も入るかどうかですが、「退職時の証明については、法115条により、請求権の時効は2年と解するが如何」「貴見のとおり」とする通達(平11・3・31基発169号)があります。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ