副業に年休付与必要か 週1日勤務で採用 6カ月「継続勤務」の要件は

2019.04.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 週1日勤務の約束で、パートを採用します。本人の話では、既に別の会社で週2日勤務しているということです。そうした例でも、6カ月勤務後に当社で年休を付与する必要があると思います。しかし、担当の部長から、「他の会社に出勤すれば、それで継続勤務が途切れるのではないか」と質問され、回答に窮しました。どのように話せば良いのでしょうか。【大阪・D社】

A

非出勤日は中断扱いせず

 短時間・日数就労の場合、収入確保のため、ダブルワークを選択せざるを得ない人も少なくないはずです。一方で、副業・兼業の推進は「働き方改革」の重要課題として取り上げられ、ポジティブなイメージも付与されています。

 日雇いが対象ですが、他の事業場で働くケースについて、労基法コンメンタールでは下記のとおり解説しています。「休日以外の日に労働者が当該事業場に出勤せず、他の事業場で働いた場合は労働の継続は中断されるが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月8日第3204号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ