5日取得は必要か? 休職期間満了により退職

2021.10.26 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 入社から2年半が経過する少し前より、病気で休職を開始した従業員がいます。休職の上限は、勤続年数に基づき半年ですが、まもなく満了を迎え退職となる見込みです。休職開始後に勤続2年半の付与基準日を迎え、年12日の年次有給休暇を付与していますが、この場合も労基法上の5日の取得義務の対象となるのですか。【宮城・S社】

A

履行の義務を果たせず不要

 使用者は、年休について、付与基準日からの1年間(付与期間)の中で5日与えなければなりません(労基法39条7項)。対象は、付与日数が10日以上の労働者です。確実な取得に向け、時季指定を行い、さらに実際に取得させることが必要です。労働者自らが取得した分は5日から除きます。

 一方で、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年10月25日第3326号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。