生児の障害と因果関係は 胎内での事故に賠償請求

2013.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 出産予定日前日に自家用車に乗車中、トラックに追突されました。私は頚椎捻挫のケガを負いましたが、それから10日後に生まれた赤ちゃんは胎内での低酸素状態の影響で一生寝たきりの脳性マヒと診断されました。これは交通事故によるとしか考えられないのですが、事故との因果関係を証明するのは難しいのでしょうか。【千葉・S社】

A

日弁連センターへ相談を 保険会社と裁判は必須

 相談者は、交通事故に遭った2時間くらい後に掛かりつけの産婦人科で検査をしていますが、そのときはお腹の赤ちゃんには異常はない、と診断されたとのことです。相談者は、事故後のストレスや頚椎捻挫で血流の流れが悪くなり、胎児に酸素が適切に回らなかったために赤ちゃんが脳性マヒになったと考えていますが、事故との因果関係の証明が難しいのではないかと考えています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月15日第2190号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ