作業環境測定の実施は? 結果どう評価するか

2022.04.26 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 作業環境の測定に関する記事(参考記事=作業環境測定どうするか 有機溶剤を使用)を読みました。社内では適当な人がいないことも十分考えられますが、実際、誰がどのように進めればよいのでしょうか。結果はどのように評価すればよいでしょうか。【静岡・I社】

A

外部登録機関へ委託検討 第三区分は不適切な状態

作業環境測定士等による作業環境測定

 事業者は、安衛法65条1項の規定により、指定作業場について作業環境測定を行うときは、その使用する作業環境測定士(第一種作業環境測定士と第二種作業環境測定士の別があり、当該作業環境測定に関して資格を有することが必要です)に実施させなければなりません(作業環境測定法3条)。これができないときは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年5月1日第2401号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。