遺族年金は支給されるか 国年未納期間ある退職者

2017.12.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 定年で退職された方から、遺族年金のことでお電話をいただきました。在職中に病気で手術され、再雇用を選択せずに、完全リタイアされたという経緯があります。最近、体調がすぐれず、「万が一」を考えて質問があったわけです。この方は中途採用で、かなり国民年金の未納期間があるようですが、年金の受給に問題があるでしょうか。【岡山・J社】

A

退職前1年間納付が必要 初診日から5年以内なら

 心配のタネを除くため、遺族基礎・厚生年金の受給要件を確認しておきましょう。

 完全リタイアされているので、厚生年金の被保険者資格は喪失しています。60歳を超えているので、国民年金の被保険者資格を取得する必要もありません。厚年・国年ともに被保険者でありませんが、この点は問題になるでしょうか。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月1日第2297号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ