60歳以降も資格を継続? 将来の年金額に差つくか

2014.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高卒以来、当社一筋で働いてきた現場労働者が、まもなく60歳定年を迎えます。体力の必要な職場でもあり、本人はフルタイム勤務(厚生年金加入)と短時間勤務(被保険者資格喪失)のいずれを選択すべきか、迷っています。仮に被保険者資格を継続したとして、将来の年金が必ず増えるといってよいのでしょうか。【神奈川・K社】

A

報酬比例部分が増加する 加入月数延びる分有利に

 65歳代後半の老齢厚生年金で比較します。65歳以降支給される老齢厚生年金は、報酬比例部分、経過的加算、加給年金額により構成されます。今回は、報酬比例部分について検討します。

 報酬比例部分の計算式は、基本的に次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ