人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。読者専用サイト内のご相談フォームからご利用ください。

2016.02.29

男性年少者なら夜勤可能か 午後 11時まで営業延長 時給高く勤務希望あり

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 女性及び年少者関係
Q

 ビル全体(ショッピング・モール)の開店時間延長で、深夜11時まで営業することになりました。高校中退で、遅番勤務に従事している男性従業員(18歳未満)がいます。該当時間帯の時給を高めに設定するため、この方も勤務を希望しています。「男性なら年少者でも夜勤可能」と聞きますが、問題ないでしょうか。【千葉・I社】

A

常夜勤のみ選択ならダメ

 年少者(満18歳に満たない者)に関しては、原則として深夜業(午後10時から翌日午前5時までの勤務)が禁止されています(労基法61条)。…

回答の続きはこちら
2016.02.29

無年金にならないか 20歳到達直後に障害

ジャンル:
  • 厚生年金保険法
Q

 知人のご子息が、20歳の誕生日の翌月にアルバイト先からの帰宅中事故で大ケガをしました。後遺症が残るかもしれないらしいのですが、20歳前の障害基礎年金の対象にはなりそうもなく、また学生で国民年金の納付をしていなかったので、無年金になるのではと両親が大変心配しています。重い障害が残ったとき、救済される余地はあるでしょうか。【北海道・A生】

A

被保険者期間不問の場合も

 20歳到達以後は学生でも国民年金の被保険者となり、被保険者期間に初診日のある傷病について障害年金を受給するには、…

回答の続きはこちら
2016.02.29

健診受けず支給制限? 過重労働で発病したら

ジャンル:
  • 労災保険法
Q

 過重労働による体調不良を訴えてきた従業員がいますが、毎年受診を義務付けている定期健診の記録がありません。仮に業務上災害の場合、本人の過失として給付に影響が及ぶのでしょうか。【島根・K社】

A

罰則ある規定のみ減額対象

 労災法12条の2第2項では、重大な過失により、傷病、障害、死亡もしくはこれらの原因となった事故を生じさせ、またはその程度を増進させ、回復を妨げたときは、政府は、保険給付の全部または一部を行わないことができるとしています。…

回答の続きはこちら
2016.02.15

ユシ協定の効力は消滅か 非組が増え過半数割れに

ジャンル:
  • 労働組合法
Q

 当社では、長年、ユニオン・ショップ協定を結んでいます。しかし、最近では、非正規社員や嘱託再雇用の高齢者(非組合員扱い)が増え、過半数を割り込みそうな状況です。この場合、協定の効力はどのように考えるべきでしょうか。【沖縄・C社】

A

条件を満たさず失効する 利益代表除き分母に含む

 使用者は、原則として、労働者が労組の組合員となるか否かについて、口出しができません。労組からの脱退を雇用条件とすると、不当労働行為とみなされます(労組法7条1項)。

 ただし、その逆に、…

回答の続きはこちら
2016.02.15

後遺障害で補償されるか 示談書に協議事項あるが

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 横断歩道を通行中、乗用車にぶつけられたため腰を傷め、治療・リハビリの後症状固定となって後遺障害等級14 級を取得し示談をしました。示談書には「新たに後遺障害が発生したときはあらためて別途協議する」という文言があります。それから半年後、腰の症状が悪化し、また首が痛くなりましたが、別途協議でこれらの補償は受けられますか。【岡山・T生】

A

事故との因果関係あれば 文言なくても請求は自由

 交通事故の損害賠償問題が解決したとき、加害者(損害保険会社が多い)と被害者の間で「示談書」あるいは「人身損害に関する承諾書(免責証書)」が交わされます。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ