ユシ協定の効力は消滅か 非組が増え過半数割れに

2016.02.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、長年、ユニオン・ショップ協定を結んでいます。しかし、最近では、非正規社員や嘱託再雇用の高齢者(非組合員扱い)が増え、過半数を割り込みそうな状況です。この場合、協定の効力はどのように考えるべきでしょうか。【沖縄・C社】

A

条件を満たさず失効する 利益代表除き分母に含む

 使用者は、原則として、労働者が労組の組合員となるか否かについて、口出しができません。労組からの脱退を雇用条件とすると、不当労働行為とみなされます(労組法7条1項)。

 ただし、その逆に、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年2月15日第2252号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ