労組に名簿提出求めたい 応じない場合は団交拒否

2015.10.15 【労働組合法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の幹部社員ですが、本人および統括チームの成績が振るわないため、一般職に降格させました。その後、「社内の一部社員で労組を結成したので、降格の件について団交をしたい」という申し入れがありました。同格レベルの社員が一定数同調しているようですが、実態が分かりません。名簿の提出に応じない間は、会社側も団交を拒否するという対応には問題がありますか。【徳島・E社】

A

組合員特定は交渉の中で 下級管理職なら法に適合

 名簿の問題を考える前に、幹部社員を中心に結成した労組が法的保護を受けられる否かについて確認しておきましょう。

 使用者の利益を代表する者(利益代表者)の参加を許す労組は、自主性の要件を満たさず、法適合組合と認められません(労組法2条)。しかし、課長クラスであっても、労務管理部門の管理職を除けば、利益代表者に該当しないといわれています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年10月15日第2244号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ