請負や委託も労働者? 労基法と定義に違い

2016.11.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労組法上の「労働者」には、直接の雇用関係がない従業者も含まれる場合があるとのことですが、具体的にはどのように考えたらよいのでしょうか。【兵庫・K社】

A

独自の判断基準がある

 使用者は、労働組合など労働者の代表から団体交渉の申し入れがあった場合は正当な理由なくこれを拒否できませんが(労組法7条)、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月28日第3090号16面 掲載
ページトップ