営業継続は違法? スト中に非組合員就業

2019.10.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 夏場にサービスエリアの売店でストライキがあったことが話題になったとき、ストの継続中に、会社が組合員以外の従業員を就業させ営業を続けたことが違法かどうか意見が分かれました。「スト破り」という言葉があるように違法となるように思われますが、実際はどのように判断されるのでしょうか。【兵庫・K社】

A

労働協約の条項で規律

 労働者がストライキを行う権利は憲法28条で保障されています。一方で、労働者がストに入った場合に、使用者が他の労働者等を使用して操業を続けること自体は禁止されておらず、不当労働行為(労組法7条)にも該当しません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年10月14日第3228号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ